信用情報機関とは?

個人の借り入れや事故情報を金融機関から取り寄せ、記録している機関のこと。
新規にローンを組む、クレジットカードを作る、スマホの契約をするなどの時、各業者が与信を取る際につかう情報機関。

もちろん、金融事故があれば借りれないし、総量規制による借り入れ残高が年収の1/3を超えていれば借りることはできない。
もちろん、個人で開示請求をすれば今自分がどのような状態になっているかを確認できる。

信用情報機関3社

CIC(株式会社シー・アイ・シー)
https://www.cic.co.jp/
主な取り扱い内容:クレジットカードやスマホの分割ローンなどの情報
開示請求方法:窓口、郵送、パソコン・スマートフォンでのインターネットで可能
掲載期間:
61日以上の延滞 …5年
3ヶ月以上の延滞 …5年
任意整理・特定調停・個人再生を行った場合 …5年
自己破産を行った場合 …7年

JICC(日本信用情報機構)
https://www.jicc.co.jp/
主な取り扱い内容: 消費者金融などの情報
開示請求方法:窓口、郵送、パソコン・スマートフォンでのインターネットで可能
掲載期間:
61日以上の延滞 …1年
3ヶ月以上の延滞 …5年
代位弁済に至った場合 …5年
任意整理・特定調停・個人再生を行った場合 …5年
自己破産を行った場合 …5年
強制解約された場合 …5年

KSC(全国銀行個人信用情報センター)
https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/
主な取り扱い内容: 銀行・信用金庫などの情報
開示請求方法:郵送のみ可能
掲載期間:
61日以上の延滞 …5年
3ヶ月以上の延滞 …5年
代位弁済に至った場合 …5年
任意整理・特定調停・個人再生を行った場合 …5年
自己破産を行った場合 …10年

※掲載期間はあくまでも掲載されている期間のことなので、絶対借りれない、カードが作れない期間というわけではない。(本人の収入状況を加味して金融機関は判断する)