弁護士と司法書士の違いって?

大きな違いは弁護士は「能力の担保がされている」が、司法書士(認定司法書士)は「能力が十分に担保されていない」ということ。

では、債務整理は司法書士(認定司法書士)に依頼するのは危険なのか?というと、そうでもなく、少額・簡易・定型的な事件にのみ限定して請け負うことができるので、債務整理の依頼をすることは問題はない。

しかし、「金額が140万を超えないこと」という制限があるので、司法書士に過払い金請求を依頼して、調査結果が140万円を超えた場合は、手続きができない。
そういうケースは多くあり、司法書士は知り合いの弁護士に振ることも多い。
もちろん、手続きできないので依頼者がその司法書士を断り、弁護士に依頼をし直すこともできる。

司法書士は登記・供託をする資格

弁護士は法律業務すべてを扱い、司法書士は登記や供託を扱う資格。
なんとなく似ているので、同じ法律業務ができそうなイメージだけど、まったく違うし、弁護士からすると同等に扱われるのは心外なはず。

だって、司法試験合格するハードルの高さを乗り越えた弁護士からすると、お話にならないぐらいのレベルだと思うよ。

でも、ここ最近は広告をだせば依頼者が獲得できるからと、司法書士の業務範囲を超えた業務を行う司法書士も増えてきているようで、「司法書士逮捕」なんて、ニュースをみることもしばしば。

法務大臣認定司法書士って一体?

なんとなく「法務大臣認定」と言われると、凄そうなイメージだけど、弁護士の代わりにはなることはない。

元々、弁護士が不足してきていて、そのサポートとして活動するために、「認定司法書士」という制度ができ、あくまで法曹業務の一部に権限を付与されただけ。

なので、「法務大臣認定」とかCMでドヤ顔で言っているのは、弁護士からすると、ドン引きな感じだと思うよ。
でも、ビジネスとして考えたら、売上を上げた方が正義となる場合があるから、何とも言えないけどね。